ロレックスのサブマリーナとは?

言わずと知れた、世界でもトップともいえる高級時計のロレックス。

その中でも、1、2の人気を誇るラインに、サブマリーナがあります。

ロレックスのサブマリーナは、1953年に世界初のダイバーズウォッチとして登場しました。

もともと、ロレックスはオイスターケースという防水腕時計を開発していたのですが、それをさらに進め、水中という過酷な環境の中でも使える時計を作り出そうとした結果、生まれたのがサブマリーナです。

その後、1959年には、現在にまで使用されているスタイルが完成しましたが、その後も、カレンダーを付けたり、実用性の向上を図ったりして、数回のモデルチェンジを繰り返してきました。

ロレックスのサブマリーナは、ヴィンテージロレックスが多いのも特徴で、それらは希少性が高いので、コレクターにとっては非常に魅力的な、のどから手が出るほど欲しい商品となっています。

そんな貴重な品を買取にだしたらどれくらいの値段になるか、ロレックス サブマリーナ シードゥエラーの買取査定で一度確認しておいて損はありません。